タイ旅行ならレンタルWi-Fiより現地SIMがおすすめ【日本で買えます】

タイ旅行時の通信手段みなさんはどうされていますか?

レンタルWi-Fiや現地のSIM、海外ローミング(これは高いからあまりやる人いないですよね)、またはフリーWi-Fiスポットを使うという手段もあると思いますがどれにするか悩みますよね。

こんにちはsonaoです。

今回はタイ旅行で失敗しないおすすめのSIMをご紹介いたします。

  • タイ旅行を計画しているけど現地での通信手段はどうしよう・・・
  • レンタルWi-Fiが良いのか現地のSIMを使う方がいいのか・・・
  • 海外ローミングは高いし・・・

こんな人に読んでいただきたいです。

タイ旅行での通信手段はAISのツーリストSIMがおすすめ

AISのツーリストSIM

このSIMはなんと言っても価格が安いです。 Amazon で458円(2020年1月時点)。

これはタイでプリペイドSIMを買うより安いです。

SIMの有効期間はSIMをスマホにセットして電波を受信してから8日間(192時間)です。

データ通信量は3G、4Gがあわせて3GB分。

もし、3GBを使い切ってしまっても384kbbpに速度低下するだけで実質使い放題です。

384kbbpあればテキストメッセージの送受信程度はなんら問題なく使えます。

つまり、LINEのメッセージやメールなどは微妙なもっさり感はあるにしても気になるレベルではないくらいで使えます。

なんならLINEでの音声通話くらいならできちゃいます。

(インターネットで調べ物をするときはイラッとするレベル。You Tubeの閲覧は厳しいです。)

もし旅行期間が長く8日以上使用する場合は2枚購入してもいいと思います。

レンタルWi-Fiはめんどくさい

レンタルWi-Fi

タイ旅行での通信手段にレンタルWi-Fiを使用するというのもありかと思いますが以下のデメリットがあると感じています。

  • 充電がめんどう
  • 持ち運びがめんどう
  • 本体の受け取り、返却がめんどう

そのため、ボクは断然SIMをおすすめします。

日本にいるときに買っておけばタイに着いてすぐ使える

タイランド

タイの空港やコンビニ、通信会社のショップでもSIMを入手することはできますがAmazonで購入することをおすすめします。

以下のような理由からです。

  • タイで買うのは時間がもったいない
  • 特に店舗で実施してもらう作業(アクティベーションなど)はない
  • Amazonで買うのが一番安い

AISのSIMを使うための特別な設定は不要でiPhoneの場合はSIMを挿入すればすぐに使えます。

AndroidはAPN設定が必要なので以下の通りに設定してください(取説の抜粋なので使用しているAndroidのバージョンによっては方法が変わります)。

  1. ホーム画面から「設定」をタップ
  2. 「モバイルネットワーク」をタップ
  3. 「アクセスポイント名」をタップ
  4. 画面右上「メニュー」から「新しいAPN」をタップ
  5. 「名前」:internet
    「APN」:internet
    「ユーザー名」:空欄
    「パスワード」:空欄
    「認証方式」:CHAP
    を入力
  6. 画面右下「メニューボタン」をタップして「保存」をタップ
  7. 「APN」画面に戻ったら設定したAPNをタップ
AISツーリストSIMの取説
SIMを取り出すためのピンが付いていないので注意

持っていればあらかじめ準備するか、なければゼムクリップを一つ持っていくと良いと思います。

SIMピンとゼムクリップ ゼムクリップでSIM取り出し

1枚目の写真の左がSIMピンです。

ゼムクリップを写真のようにのばすとSIMを取り出すのに使えます。

タイの通信キャリア

タイの通信キャリア

タイにも大手の通信キャリアが3つほどあります。

  • AIS
  • TrueMove H
  • DTAC

DTACは使ったことがないので分かりませんが、AIS、TrueMove Hであればだいたいどこでもつながりますし通信速度も申し分ありません。

なのでどこのSIMを買ってもいいのですが、いちばん安く購入できるのが今回ご紹介したAISのツーリストSIMです。

SIMロックは解除しておく

SIMロック解除

docomoやau、Softbankなどで購入したスマホにはそのキャリアでしか使用できないようロックがかかっています。

AISのSIMを使うためにはスマホにかけられたSIMのロックを解除する必要があります。

docomoの場合はマイドコモから無料でSIMロック解除できます。

docomoショップに行って解除してもいいのですが手数料がかかりますのでオンラインで解除するのがおすすめです。

手続き完了を知らせるメールに、端末側でSIMロック解除設定を行うよう記載がありますが、タイについてからAISのSIMを入れればその瞬間にSIMロック解除の設定がされるので何もやらなくていいようです。

これはdocomoに問い合わせて回答をもらっていますし、実際タイでSIMを入れたらそのまま使用できました。

AISのツーリストSIMはイチオシ

このSIMを使用していて特に不便に思ったことはないです。

強いて言えば、

  • 日本の電話番号が使えなくなってしまう
  • 交換後のSIM(日本で使用していたSIM)をなくさないようにする

あたりが問題になりそうですが、電話はLINE通話などを利用すれば良いですしそれほど問題にはならないと思います。

イチオシのSIMなのでぜひ使ってみてくださいね。

この記事がみなさんのお役に立てば幸いです。

では。

広告
最新情報をチェックしよう!