日本と違う?!タイのタクシーの乗り方【注意すべき点】

  • タイでの移動手段はどうしようかな・・・
  • タイのタクシーは危ないのかな・・・
  • ぼったくられる事があるって聞いたけどほんと?

こんにちは。sonaoです。

簡単便利な移動手段としてかかせないタクシーですが、日本とはちょっと違った感覚のところもあります。

この記事ではタイのタクシーに乗る際に注意すべき点についてまとめます。

早速いきましょう。

日本と違う?!タイのタクシーの乗り方

基本的なタクシーの乗り方は日本と同じです。

空車のタクシーは助手席側のフロントガラスあたりに赤もしくは緑の文字のランプが光っていますので片腕を水平に伸ばして止めます。

タクシーを止めたらここから少し日本とちがうところ。

以下のポイントにそって説明します。

  • 乗車拒否はあたりまえ
  • 指値で行くかメーターで行くか
  • 接客は適当
  • 料金は多めに支払いおつりはチップ

順番に見ていきます。

タイのタクシーは乗車拒否があたりまえ

日本では行き先を告げれば拒否されることはなく必ず行ってくれますが、タイの場合は運転手が行きたくない場所だったら断ってきます。

ボクも最初は「えっ!断るの?」って思いましたけど今は慣れて「またかよ!」な感じになってます。

タイのタクシーは断ってくるのあたりまえなんです。

なので乗る前に「どこどこに行きたいんだけど、行ってくれる?」と確認する必要があります。

断られる理由としてはおそらく以下。

  • 行き先が遠い
  • 行き先がさびれた場所でお客がひろえない
  • 渋滞してそうなところを通らなければならない
  • なんとなく行きたくない

本当は乗車拒否しちゃいけないんですけどね。

タイでは運転手第一主義なんです。

断られたらすんなりあきらめて次のタクシーを待ちましょう。

ぼったくなられないためにもメーターを使わせる

行き先を告げて断られなかった場合は次のステップです。

以下2つのパターンに分かれます。

指値で行く(ぼったくられる可能性あり)

これは行き先をつげると100バーツ、200バーツなど指値で言ってきます。

だいたい指値を言ってくる場合はメーターで行くよりも高いのでこっちから拒否するほうが良いですね。

まぁ時間がないときはそのまま乗ってもいいですけどあまりおすすめはしません。

破格の価格でぼったくられるわけではなく日本と同じくらいの価格になるってだけですけど、とはいえはじめから騙すつもりの運転手なんて嫌ですからね。

メーターで行く

この場合は行き先を告げたあとにうなずいたり「OK」とか言ってくれます。

一番いいパターンです。そのまま乗りましょう。

ここで1つ注意する事があります。本当にメーターを使って行くのかどうか、です。

通常なら乗ってからすぐメーターのスイッチを押すはずです。

赤い表示で35と出ればそこからメータースタートです。

下の写真の真ん中にあるのがメーターです。

タクシーメーター

たまにメーターのスイッチを押さずに走る場合があり、着いたときにぼられる可能性ありです。

なのでもしメーターをスタートさせる気配がなければ、「ミーター ダイマイ カップ(女性はカップ を カー にする)」と言えばだいたいスタートしてくれます。

メーターを使ってくれませんか?という意味です(厳密には違うのですがOKです)。

メーターを指さして「ミーター、ミーター」でも大丈夫かと思います。

タイのタクシーは接客が適当

お客様を乗せているという気持ちはさらさらありません。

スマホをいじりながらの運転はあたりまえ。

何なら誰かと話をしながら運転してます。

いきなり話し出すから何かと思えばイヤホンして誰かと話してるのね。

最初の頃は自分に話しかけてきてるのかと思いあせりましたが、応答しなくてOKです

愛想のいい運転手さんはめずらしい

だいたいムスッとして運転してます。

運転は基本乱暴です。

別に怒っているわけではないと思います。

ただ、話しかけてみると話が弾むこともあります。

googleマップ見てますよアピール

旅行者だと行き先にまっすぐ向かっているのかわからない場合が多いと思います。

そのへん運転手もわかってますので遠回りされることもあります。

なのでgoogleマップをスマホに表示して、見てます!アピールすることで抑止力になります。

料金は多少多めに支払い残りはチップという感じ

チップはほんの数バーツでOKです。

例えば目的地に着いたときメーターに表示されたのが61バーツだったら65バーツでOK。

79バーツだったら80バーツでOKです。

まれにお釣りを渡してくれる運転手さんもいます。

その場合は受け取ってもいいですし、「マイペンライ」と言って受け取らなくてもいいです。

忘れ物に注意

降りる際は必ず忘れものがないか確認してください。

日本と違い、忘れものをした場合は確定で返ってきません。

後部座席のドア付近に黄色のステッカーが貼ってありますがあれはナンバープレートの写しです。

余裕があればカメラで撮っておくと後で何かあったときに役立ちます。

とはいえ写真を撮ったスマホなどを忘れたら元も子もないですが。

ボクは一度タクシーにiPhoneを忘れました。

ポケットに入れたつもりだったのですが入ってなかった or 落ちてしまったんでしょうね。

もちろん返ってきませんでした。

なので、タクシーを降りてからすぐにもう一度車内を見回してください。

気をつけて乗れば便利です

タイのタクシーは初乗り35バーツと格安です。

タイに来てから100回以上タクシーに乗っていますが危険な目にあったことは一度もないです。

あまり好ましくないですが夜中に乗ることも結構あります。

注意するポイントさえ分かればなんら問題なく利用できます。

みなさんもタクシーを上手に利用して快適なバンコクライフをお送りください。

この記事がみなさんのお役に立てば幸いです。

では。

 

広告
タクシー
最新情報をチェックしよう!